知らず知らずのうちに 患っているかもしれない。

主な症状

手を差し伸べる

躁鬱病だと認識することで治療に前向きになれます

躁鬱病と一般的に呼ばれている双極性障害は、2つの極を持つためにその名前が付いています。2つの極とは、躁状態とうつ状態のことです。気分が上下する・変化することを意味しています。躁状態とうつ状態だけが日常的に起こるのではなく、間には通常の状態のときもあります。その正常な精神状態から上へと行き過ぎた状態・高揚した状態を躁状態といいます。躁状態にも、タイプがあります。激しく気分が高揚しているときを躁状態(双極性障害?型)、気分の高揚具合が軽度のときには軽躁状態(双極性障害?型)と呼ばれています。

セカンドオピニオンのつもりで検査を受けてみてはいかがでしょうか

うつ状態だけでなく、躁状態があるのが躁状態の特徴です。検査段階で、うつ状態のときに検査を受けに来る躁鬱病患者が多いため、うつ病と診断されるケースも数多くあります。躁状態のときに起こる症状としては、自尊心の肥大化・睡眠欲求の減少・注意散漫といったことがあります。また、多弁や焦燥・観念の逸脱も起こる場合があります。これらの症状が1週間以上も続く場合は、躁鬱病を疑うべきでしょう。さらに、仕事や家庭での人間関係に支障が出て入院せざるを得ないほど重症化したときには躁的エピソードと呼ばれます。4日間ほど継続して入院までは必要がないときには軽躁病エピソードという診断を受けます。

検査を受けて躁鬱病と診断を受ける人はたくさんいます。ただ今の医学では、まだ発症原因が分かっていません。うつ病と診断されることが多い躁鬱病ですが、投与される薬や治療法が違うため、それによって最悪の事態を招くこともあります。また躁鬱病は、躁状態からうつ状態に変わるタイミングが最も危険であると言われています。躁状態の自分を思い出し、自己破壊的な行動に走る人がいます。その代表的なものが、自殺です。検査をしっかりと受けて、自分の状態を知ることがとても大切です。検査を受けるときには、うつ状態のときではなく、普段と違う躁状態のときに違和感を持って受診することが正しく診断をされるポイントです。また、検査のときにうつ状態でないときのことをきちんと話す・伝えることも大事です。

うつ病は薬物治療と精神治療で完治することができます。しかし今のところ躁鬱病は完治が難しいとされています。うつ状態と躁状態の波を小さくして、穏やかな状態を長く保つようにするのが治療の目標です。 躁鬱病の人は自分で病気を認めたくなかったり、病気の自覚がない人が一定の割合でいます。うつ状態は自覚しても躁状態は人並み以上に元気だから、病気と思わないのかもしれません。可視化できないため、納得がいかないのかもしれません。しかし躁鬱病はそのまま放置しておいても自然に治る訳ではありません。むしろ波が激しくなることがあります。又、自分はうつ病だと決めてかかると、治療法が違いますので躁鬱病が悪化することもあります。まずは病気を認識して、正しい治療を受けなくてはならないでしょう。 それには躁鬱病を可視化できる光トポグラフィー検査が最適です。

光トポグラフィー検査装置は先進医療機器ですので設置されていない医療機関もあります。しかし他院に通院中の人も主治医の紹介状があれば、検査を受けることが出来るようです。 検査では頭にヘッドバンドを装着して簡単な言葉のテストをします。その時脳に流れる血流の変化を調べるのが光トポグラフィー検査です。躁鬱病の人特有の血流のパターンがあります。同じように健康な人のパターン、うつ病のパターンがそれぞれあります。 この検査に加え医師の問診も行われます。検査結果は持ち帰ることができます。この検査を受けると病気を前向きに受け止めることができるようです。それまでは、自分の心が弱いせいだと自責感が強い人も、可視化したデータを見ることで自己否定をしなくなるケースも多いようです。