知らず知らずのうちに 患っているかもしれない。

病院での診断

カウンセリング

躁鬱病は、以前まではどういった形で検査・治療をおこなったらいいのか分からなかった病気です。ですが、医療の進歩で徐々に検査方法や治療方法が確立され始めています。通常、体の疾患の場合、血液検査やMRIといった検査方法が行われています。躁鬱病やうつ病に関して問診のみだったのが、現在脳の病気と判明してきているので、数値化が可能になってきています。光トポグラフィー検査といって、脳内の状態を見ることが出来る機械が出来ました。

光トポグラフィー検査とは、光トポグラフィー装置を使って、脳内の情報伝達の状態や活動状況を見るものです。血中のヘモグロビン濃度の変化も計測することが出来ます。光トポグラフィー装置は、脳の状態を検査、測定するものです。この装置は体への負担も少ない上に、微弱な近赤外光を利用して、大脳皮質部分を調べて画像化して脳の状態を見やすくしてくれます。この光トポグラフィー装置が、現在唯一数値で診断が可能な機械です。

インターネット上には、検査が受けられる病院や費用を見ることが出来るサイトも存在します。先進医療を行っている専門機関のサイトへ直接アクセスすることも出来るので、比較しながら調べることが出来ます。光トポグラフィー装置で数値化することで、自分で躁鬱病であることを客観的に認識することが可能になります。躁鬱病の診断方法として、唾液や血液による検査方法もあります。自分の住んでいる地域に光トポグラフィー装置を置いている病院がなければ、そういった検査で確認してみましょう。