知らず知らずのうちに 患っているかもしれない。

焦らずに

苦しそうな女性

躁鬱病の検査・治療は、本人だけでなく家族や周りの人の助けも必要です。様々な形で社会的に障害が生じるため、周りが早めに気づいてあげましょう。症状の緩和や治療するにあたって、患者の社会生活を守ることが優先されます。それを行なうには、周りのサポートが必要不可欠なのです。周りの人は、何か躁鬱病の家族が問題を起こしても、病気の症状であることをしっかりと理解して見守る必要があります。家族がその症状に対して感情的にならないようにするのが大事です。

患者本人も、焦らずに治療をしていくことが大切です。検査を受けて躁鬱病と診断されたときには、逃げずに病気に向き合っていく必要があります。検査によっては数値化されるものもあるので、それを客観的に受け止めましょう。そして、薬物療法や精神療法で治療を行っていきましょう。時間がかかる躁鬱病の治療のときに、回復したからといって自分の判断で薬を中断することもやめましょう。病気が再発してしまう恐れがあります。ゆっくりと、再発しないように治療していくことが大事になってきます。うつ状態や躁状態が再発したとき、検査を拒む人もいますが、家族も一緒に付き添っていきましょう。

家族や周り、そして患者本人がしっかりと病気に向き合って治療していくことが大事です。周りの人は、患者を孤立させない努力も必要です。躁鬱病の症状は、社会や周りとの関係を悪くさせてしまうことがあります。そういった状況が患者を孤立させてしまいますが、孤立してしまうとうつ状態も悪化してしまいます。悪化を止めるためにも、患者を見守ってあげましょう。治療とともに検査も行いながら、共に経過を確認していきましょう。